リップル・ローナイ・ヨージェフ

ハンガリーの画家

リップル・ローナイ・ヨージェフJózsef Rippl-Rónai1861年5月23日- 1927年11月25日)は、ハンガリー画家ナビ派に属し、同国における代表的なモダン芸術家の一人である。

リップル・ローナイ・ヨージェフ
József Rippl-Rónai
Rippl-Rónai József Vörössapkás önarckép.jpg
生誕 (1861-05-23) 1861年5月23日
ハンガリー
国籍  ハンガリー
著名な実績 絵画

略歴編集

1861年、ハンガリー西部のカポシュヴァールに生まれる。ハイスクール卒業後、首都ブダペストに移住し、薬学の学位を取得。その後、絵画を学ぶためドイツのミュンヘンを旅する。2年後、助成金を得てフランスに渡り、ハンガリーで最も著名な写実主義の画家ムンカーチ・ミハーイの下で学ぶ。1888年、ナビ派(Les Nabis)のメンバーに加わり、「The Inn at Pont-Aven」や「My Grandmother」などいくつかの代表作を制作した。

ハンガリーに帰国後は装飾的作品やデザインに注力し、アンドラーシ宮殿の家具や、エルンスト美術館のステンドグラスをプロデュースした。1911~1913年にフランクフルト、ミュンヘン、ウィーンで行われた展覧会は著しい成功を収めた。1927年、母国ハンガリーで死去[1][2]

主要な作品編集

脚注編集

  1. ^ Budapest Aukcio
  2. ^ Horváth János. Rippl-Rónai. p. 9 

外部リンク編集