リリー・レーマン

リリー・レーマン (Lilli Lehmann, Elisabeth Maria Lehmann 1848年11月24日-1929年5月17日) はドイツのオペラ歌手(ソプラノ)で声楽教師。

Lilli Lehmann
Lilli Lehmann.jpg
生誕Elisabeth Maria Lehmann
(1848-11-24) 1848年11月24日
Würzburg
死没1929年5月17日(1929-05-17)(80歳)
ベルリン
国籍ドイツ
職業オペラ歌手、声楽教師
配偶者パウル・カリシュ英語版
Karl-August Lehmann
Maria Theresia Löw

ヴュルツブルク出身。

1870年にベルリンで公演されたジャコモ・マイアベーアの『シュレジアでの野営』でデビューし成功を収めた。

人物編集

  • 自ら実践してきた練習方法を、『私の歌唱法』という方法論にまとめて記しており、日本語版も存在する。
  • また、日本のオペラ歌手三浦環も一度弟子入りを計画したことがある[1]
  • リリー・レーマンは、63歳の時にODEON RECORDに多数の優れた歌唱を録音している。 まだ旧式の機械式録音の時に行ったのであるが、その歌声は非常に張りが在り、綺麗な美声であって、アーティストの名前を知らずに聴くと、既に63歳になっている人が歌唱をしていると、 誰もが気付かないし、いつ録音したか、何歳での録音かを知ら無い人が聴いたら、その歳とは気付くことは不可能である。若い歌手と同様な高音部も難無く熟しており、他の優れていた著名な歌手が衰えて、高音部の歌唱の時に、苦労しているのが観られたり、音程を下げての歌唱に代えたりしているが、リリー・レーマンにはそのような事は無縁であった。
  • リリー・レーマンのレコードは、一旦廃盤になった後にも注文の問い合わせが多かったので、ODEONの赤レーベルで、再発売が決まって、最初は注文限定のセット発売であったが、直ぐに売り切れたので、追加発売も行われてた。また、PARLOPHONEからと、国際レコード収集家協会(IRCC)から復刻された盤もあった。

著書編集

  • リリー・レーマン 『Meine Gesangskunst』, 1902年

(邦訳『私の歌唱法—テクニックの秘密—』川口豊訳 2010年 シンフォニア)

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本人初の世界的なオペラ歌手として活動した三浦環20年間の最盛期をたどってみた”. ダイヤモンド・オンライン (2014年10月3日). 2021年9月6日閲覧。

外部リンク編集