聖リンベルトドイツ語: Rimbert、830年 - 888年6月11日)またはレンベルト(Rembert)は、フランドル出身のブレーメンハンブルク大司教(在位: 865年 - 888年)。

トルホウトの僧であったリンベルトは、友人のアンスガルとともにスカンディナヴィアへ宣教の旅に出た。865年にアンスガルが死去すると、リンベルトは彼の跡を継いでハンブルク・ブレーメン大司教となった[1]。リンベルトはアンスガルの電気ヴィタ・アンスガリを著している。

リンベルトはアンスガルからデンマークやスウェーデンへの宣教の使命も引き継いだが、それを完成させることはできなかった。一方で彼はフリース人を率いてフリースラントヴァイキングと戦い、884年にノルディティの戦いで勝利して彼らをオストフリースラントから駆逐した。また888年には東フランク王アルヌルフから市場権、鋳造権、徴税権を獲得し、大司教領の財政を改善した。

リンベルトは主にフリースラント聖人として崇敬されている。祝日は2月4日。「北方の使徒」の異名を持つアンスガルに続き、リンベルトは「第二の北方の使徒」と呼ばれている。ただし、この異名は11世紀の宣教師スウェーデンのシーフリズや、16世紀の宗教改革者ヨハネス・ブーゲンハーゲンに対して用いられる場合もある[2]

脚注編集

  1. ^   Herbermann, Charles, ed. (1913). "St. Rimbert" . Catholic Encyclopedia (英語). New York: Robert Appleton Company.
  2. ^   Herbermann, Charles, ed. (1913). "Hamburg" . Catholic Encyclopedia (英語). New York: Robert Appleton Company.; Erik Gustaf Geijer, Geschichte Schwedens [Svenska folkets historia; German]: 6 vols., Swen Peter Leffler (trl., vols. 1-3), Friedrich Ferdinand Carlson (trl., vols. 4-6) and J. E. Peterson (co-trl., vol. 4), Hamburg and Gotha: Friedrich Perthes, 1832-1887, (Geschichte der europaeischen Staaten, Arnold Hermann Ludwig Heeren, Friedrich August Ukert, and (as of 1875) Wilhelm von Gieselbrecht (eds.); No. 7), vol. 1 (1832), p. 121. No ISBN.

外部リンク編集