ルイ・クペールス

ルイ・クペールスLouis Couperus1863年6月10日 - 1923年7月16日)は、オランダ小説家自然主義文学の影響を受け、ベル・エポック期に、心理小説と時代小説を多く著す。

ルイ・クペールス
Louis Couperus
Couperus.jpg
生誕 (1863-06-10) 1863年6月10日
デン・ハーグ
死没 (1923-07-16) 1923年7月16日(60歳没)

ハーグで出生、父はオランダ領東インド(現インドネシア)の植民地政庁の上級官吏を務めた、母は東インドに代々続く名家一族出身。少年期に一家で東インドに渡りバタヴィア(現ジャカルタ)で過ごす。1878年に帰国。詩作で創作活動をはじめ、文壇にデビュー、本格的な執筆活動を開始した。1891年従妹エリーサベトと結婚。

生涯にわたり、夫人と共にヨーロッパ全域、東インド、北アフリカなど、旅行続きの生活を送った。

訳書編集

  • 『オランダの文豪が見た大正の日本』國森由美子訳、作品社、2019年。晩年に訪日

出典編集

外部リンク編集