ルイージ・ロッシ (画家)

ルイージ・ロッシ(Luigi Rossi、1852年3月10日 - 1923年8月6日)はスイス生まれのイタリアの画家、イラストレーターである。

ルイージ・ロッシ
Luigi Rossi
Luigi Rossi (pittore) 1922.png
生誕1852年3月10日
スイス,Castagnola
死没1923年8月6日
スイス,Tesserete
苦痛を学ぶ(La scuola del dolore) (1895)

略歴編集

スイスのイタリア語圏の州、ティチーノ州のCastagnola(後にルガーノの一部となった。)に生まれた。ミラノのブレラ美術学校でジュゼッペ・ベルティーニに学んだ。1871年から社会性をもった風俗画を展覧会に出展するようになった。

スイス出身であるため、ロッシの作品はイタリアの展覧会の重要な賞を与えれることはなかった。1880年代は風景画や、農民を題材にした作品や人物画も描くようになった。

1885年から1888年の間は、パリに滞在し。書籍の挿絵も描くようになり、アルフォンス・ドーデピエール・ロティらの著作の挿絵を描いた。ミラノに戻った後、象徴主義の詩人、ルチーニ(Gian Pietro Lucini)と知り合い象徴主義の作品も描くようになった。イタリアの国際的な美術展に出展し、1921年にはミラノで個展を開いた。

作品編集

参考文献編集

  • Matteo Bianchi, Rossana Bossagla, Luigi Rossi : 1853-1923, Busto Arsizio, Bramante, 1979.
  • Jean Soldini, Tra prudenza e inquietudine. L'opera di Luigi Rossi (1853-1923), Bellinzona, Casagrande, 1985.
  • Elena Lissoni, Luigi Rossi, catalogo online Artgate della Fondazione Cariplo, 2010, CC BY-SA.