ルイーズ=ガブリエル=ジュリー・ド・ロアン

ルイーズ=ガブリエル=ジュリー・ド・ロアンLouise-Gabrielle-Julie de Rohan, 1704年8月11日 パリオテル・ド・スービーズ英語版 - 1780年8月22日 シュヴィイ英語版)は、ブルボン朝時代フランスの貴族女性。ゲメネ公妃。首飾り事件の中心人物ルイ=ルネ=エドゥアール・ド・ロアン枢機卿の母。

モンバゾン公爵夫人と称された時期のルイーズの肖像、1730年頃、ニコラ・ド・ラルジリエール

スービーズ公エルキュール=メリアデック英語版とその最初の妻アンヌ=ジュヌヴィエーヴ・ド・レヴィ英語版の間の第5子・四女・末娘。1718年8月4日、ジュアール修道院英語版で同族の又従兄ゲメネ公エルキュール=メリアデックと結婚、間に7人の子をもうけた。

1737年10月26日、ルイーズはフォンテーヌブローにて国王ルイ15世夫妻に長女シャルロット=ルイーズを拝謁させた。シャルロットはその2日後に駐英スペイン大使のマッセラーノ公ヴィットーリオ・フィリッポ・フェレロ・フィエスキに嫁いだ。フィエスキはピエモンテ地方の小国マッセラーノ公領イタリア語版の君主でもあった(1741年サヴォイア家に帰服)。

1747年北フランスのローネー英語版に所領付きの邸宅を購入している[1]

引用・脚注編集