ルキウス・フリウス・ピルス

ルキウス・フリウス・ピルスラテン語: Lucius Furius Filus、生没年不詳)は、紀元前2世紀中頃の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前136年執政官(コンスル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
ルキウス・フリウス・ピルス
L. Furius — f. — n. Philus
出生 紀元前179年
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 フリウス氏族
官職 法務官紀元前139年以前)
執政官紀元前136年
指揮した戦争 第二次ケルティベリア戦争
テンプレートを表示

出自編集

ピルスはパトリキ(貴族)であるフリウス氏族の出身である。フリウス氏族はエトルリア都市トゥスクルム(en)から移住したとされている[1]。カピトリヌスのファスティの欠損のため父および祖父のプラエノーメン(第一名、個人名)は不明であるが、紀元前223年の執政官プブリウス・フリウス・ピルスの孫と考えられている。父は紀元前171年プラエトル(法務官)を務めたルキウス・フリウス・ピルスと推定される[2]

経歴編集

執政官就任年とウィッリウス法の規定(43歳以上)から、ピルスは179年頃に生まれたと推定される[3]。現存する資料でのピルスに関する最初の記録は、紀元前137年末に、翌年の執政官選挙に立候補して当選したことである[4]。また、遅くとも紀元前139年には法務官を務めたはずである[5]

紀元前136年の同僚執政官は、プレブス(平民)のセクストゥス・アティリウス・セッラヌスであった[6]。この年、ヒスパニアのヌマンティアと屈辱的な講和条約を締結した、ガイウス・ホスティリウス・マンキヌスの裁判が行われた。プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・セラピオプブリウス・コルネリウス・スキピオ・アエミリアヌス・アフリカヌスが、条約批准に強く反対した。両執政官は、条約批准拒否を明確にするため、マンキヌスをヌマンティアに引き渡すことを元老院に提案した。ピルスの管轄地域はヒスパニア・キテリオルであったため、彼がマンキヌスをヌマンティアに連れていき、ヌマンティアに引き渡すこととなった。マンキヌスは裸で手を縛られ、ヌマンティアの門の前に立たされたが、ヌマンティアは受け取りを拒否した[4][7]

ウァレリウス・マクシムスはピルスの政敵であるクィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクスクィントゥス・ポンペイウスのこの件に関する行動に触れている。ピルスが任地に出立しようとした際、両者はピルスが過剰な欲望を持っていると避難した。対するピルスは両者に対して自分に同行するよう命じた[8]。現代の研究者は、この決定を奇妙なものと感じている。おそらくピルスは自身の政敵二人に対し、彼の勝利を見せてやろうと考えたのであろうが、結果としては何も起こらなかった。翌年、後任の執政官クィントゥス・カルプルニウス・ピソにヒスパニア・キテリオルの管轄を委譲した[9]

知的活動編集

ピルスは、スキピオ・アエミリアヌスの友人の一人であり、いわゆる「スキピオ・サークル」に属しており、そのメンバーはギリシア文化の尊敬と穏健な政治改革構想を持っていた[4]マルクス・トゥッリウス・キケロ、ピルスをこのサークルの他のメンバーとともに、『国家論』の主人公の一人にした[10]。 キケロはティベリウス・センプロニウス・グラックスの時代の弁論家として、ピルスを「非常にラテン語の演説がうまく、他の人よりも教育を受けていた」と評している[11]

子孫編集

紀元前119年頃に造幣官を務めたマルクス・フリウス・ピルスは、ピルスの息子と思われる[2]

脚注編集

  1. ^ Furius, 1910, s. 315.
  2. ^ a b Sumner, 1973, p. 61.
  3. ^ Sumner, 1973 , p. 16
  4. ^ a b c Furius 78, 1910. s. 360
  5. ^ Broughton, 1951, p. 482.
  6. ^ Broughton, 1951, p. 486.
  7. ^ アッピアノス『ローマ史:イベリア戦争』、83
  8. ^ ウァレリウス・マクシムス『有名言行録』、III, 7, 5.
  9. ^ Simon, 2008 , p. 235-236.
  10. ^ キケロ『弁論家について』、II, 37.
  11. ^ キケロ『ブルトゥス』、108.

参考資料編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Simon G. The Wars of Rome in Spain. - M .: Humanitarian Academy, 2008 .-- 288 p. - ISBN 978-5-93762-023-1 .
  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - New York, 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Münzer F. Furius // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1910. - Bd. VII, 1. - Kol. 315.
  • Münzer F. Furius 78 // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1910. - Bd. VII, 1. - Kol. 360.
  • Sumner G. Orators in Cicero's Brutus: prosopography and chronology. - Toronto: University of Toronto Press, 1973.- 197 p. - ISBN 9780802052810 .

関連項目編集

公職
先代:
マルクス・アエミリウス・レピドゥス・ポルキナ
ガイウス・ホスティリウス・マンキヌス
執政官
同僚:セクストゥス・アティリウス・セッラヌス
紀元前136年
次代:
クィントゥス・カルプルニウス・ピソ
セルウィウス・フルウィウス・フラックス