ルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ

ルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ(Lucrezia di Cosimo de Medici, 1545年2月14日 - 1561年4月21日)は、モデナおよびフェラーラ公アルフォンソ2世・デステの最初の妃。

ルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ
Lucrezia di Cosimo de Medici
モデナ公
Agnolo Bronzino, ritratto di Lucrezia de' Medici.JPG
ルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ(アーニョロ・ブロンズィーノ画)
在位 1559年 - 1561年

出生 (1545-02-14) 1545年2月14日
Flag of the Grand Duchy of Tuscany (1840).svg トスカーナ大公国フィレンツェ
死去 (1561-04-21) 1561年4月21日(16歳没)
Ducado de Modena (antes de 1830).svg フェラーラ公国、フェラーラ
埋葬 Ducado de Modena (antes de 1830).svg フェラーラ公国、フェラーラ、コルプス・ドミニ修道院
結婚 1558年7月3日 ヴェッキオ宮殿
配偶者 モデナおよびフェラーラ公アルフォンソ2世・デステ
家名 メディチ家
父親 トスカーナ大公コジモ1世
母親 エレオノーラ・ディ・トレド
テンプレートを表示

生涯編集

トスカーナ大公コジモ1世と妃エレオノーラ・ディ・トレドの三女(第5子)として、フィレンツェで誕生。姉はイザベッラ、兄にフランチェスコ1世・デ・メディチがいる。1558年にアルフォンソと結婚したが、1560年にフェラーラへ移った翌年に急死した。子供はなく、夫に毒殺されたと、広く噂された。

ブロンツィーノによる肖像画が残り、彼女にちなんで19世紀のイギリスの詩人ロバート・ブラウニングが“My Last Duchess”を書いた。