ルスタヴェリ大通り

ジョージアのトビリシ中心部にある大通り

ルスタヴェリ大通り(ルスタヴェリおおどおり、グルジア語: რუსთაველის გამზირიグルジア語ラテン翻字: Rustavelis Gamziri)は、ジョージアトビリシ中心部にある大通り。中世ジョージアの詩人ショタ・ルスタヴェリにちなんで名づけられた。1918年まではゴロヴィン通りグルジア語: გოლოვინის პროსპექტიグルジア語ラテン翻字: Golovinis Prospekti)と呼ばれていた。

ルスタヴェリ大通り
რუსთაველის გამზირი
ルスタヴェリス・ガムジリ
Rustavelis Gamziri
地図
路線延長 1.5 km
道路の方角 南北
南端 自由広場
主な経由国 ジョージア
主な
経由都市
トビリシ
北端 第一共和国広場
Rustaveli Avenue P1000187.jpg
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

自由広場を南端とし、第一共和国広場を北端とする。全長は約1.5キロメートル。大通り沿いやその近傍には多くの政府施設、公共・文化施設、オフィス棟が建ち並んでいることから、ルスタヴェリ大通りはトビリシの中心的な通りであると見なされている。代表的な建物として、旧ジョージア国会議事堂、トビリシ・オペラ・バレエ劇場グルジア語版ルスタヴェリ劇場グルジア語版ジョージア国立科学アカデミーグルジア語版カシヴェティ教会グルジア語版ジョージア・ファインアート博物館グルジア語版シモン・ジャナシア記念ジョージア博物館グルジア語版ジョージア国立博物館グルジア語版の一部)、そしてイメリグルジア語版が挙げられる。

1989年、ルスタヴェリ大通りにあった政府庁舎の前に、ジョージア独立を求めて何万人ものジョージアの住民が集結した。このデモ活動に対してソビエト連邦スペツナズが攻撃を行い、多数の死者が発生するトビリシ虐殺(4月9日の悲劇)が発生した。2007年と2011年にも、この大通りで大規模な反政府デモ活動が行われた。

公共交通機関編集

ルスタヴェリ大通りには、トビリシメトロおよび路線バスが運行している[1]。トビリシの歴史的な動脈であるダヴィト・アグマシェネベリ通りグルジア語版からは、地下鉄で1駅の場所にある。

参考文献編集