ルチアーノ・エンメル

ルチアーノ・エンメルLuciano Emmer, 1918年1月19日 - 2009年9月16日[1])は、イタリア映画監督脚本家映画プロデューサーである。

Luciano Emmer
ルチアーノ・エンメル
生年月日 (1918-01-19) 1918年1月19日
没年月日 (2009-09-16) 2009年9月16日(91歳没)
出生地 イタリアの旗 イタリア ロンバルディア州ミラノ
死没地 イタリアの旗 イタリア ラツィオ州ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
ジャンル ドキュメンタリー映画、劇映画
活動期間 1941年 – 2009年
活動内容 1941年 短篇映画で監督デビュー
著名な家族 ミケーレ・エンメル 息子
主な作品
ピカソ この天才を見よ
 
受賞
ゴールデングローブ賞
1952年 特別賞『ピクトゥーラ
その他の賞
1947年 ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞ノミネート
『ヴェスナ』
1949年 ナストロ・ダルジェント賞最優秀ドキュメンタリー賞
『ラグーンの島』
1950年 ロカルノ国際映画祭特別賞
八月の日曜日
1951年 第1回ベルリン国際映画祭銅賞
『失われた楽園』
1956年 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞
ピカソ この天才を見よ
2003年 ヴェネツィア国際映画祭パジネッティ賞
『水…火』
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1918年(大正7年)1月19日、イタリアのロンバルディア州ミラノに生まれる。

1941年(昭和16年)、初めてのドキュメンタリー短篇映画を監督する。

1947年(昭和22年)、ヴェネツィア国際映画祭で『ヴェスナ』が金獅子賞にノミネートされる。1949年(昭和24年)、『ラグーンの島』でナストロ・ダルジェント賞最優秀ドキュメンタリー賞を受賞する。1950年(昭和25年)、『八月の日曜日』でロカルノ国際映画祭特別賞を受賞する。1951年(昭和26年)、『失われた楽園』で第1回ベルリン国際映画祭で銅賞を受賞した。1952年(昭和27年)には、『ピクトゥーラ』でゴールデングローブ賞特別賞を受賞した。1956年(昭和31年)、『ピカソ この天才を見よ』で、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。

2003年(平成12年)には、『水…火』で、ヴェネツィア国際映画祭パジネッティ賞を受賞した。

2009年(平成21年)9月16日ローマ市内の病院で死去した[1][2]。満91歳没。死去に際して、イタリアの文化財・文化活動省大臣のサンドロ・ボンディが哀悼の意を表した[1]

おもなフィルモグラフィ編集

編集

  1. ^ a b c EMMER: IL CORDOGLIO DI SANDRO BONDI, stato-oggi.it, 2009年9月18日閲覧。
  2. ^ Addio a Emmer, cantore di Masolino, Satelios News, 2009年9月18日閲覧。

外部リンク編集