ルナ1958A[1][2]、またはルナE-1 No.1[3]ソビエト連邦ルナ計画における初の月探査機。打上げに失敗して目的の月面衝突は達成されなかった。4機のルナE-1シリーズの1番機である[4]

ルナ1958A
主製造業者 OKB-1
衛星バス ルナE-1
任務 月面衝突
打上げ日時 1958-09-23
輸送ロケット ルナ 8K72 s/n B1-3
打上げ場所 バイコヌール宇宙基地 Site 1/5
質量 361kg
軌道要素
軌道 打上げ失敗

概要編集

ルナ1958Aは重量361kgの球形で、ルナ計画における最初の宇宙機であると同時に、ソ連が初めて月へ向かって打ち上げた宇宙機ともなった[5]。予定では地球から観測しやすいように、機体から1kgのナトリウムを放出して彗星のように光らせることになっていた[6]

ルナ1958Aは1958年9月23日、バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台からルナ8K72ロケットに搭載されて打ち上げられた[7][3]

打上げから92秒後、ロケットのブースターによる共振が発生し、ロケットは分解した[7]

参考文献編集

  1. ^ これはNASAによる名称である
  2. ^ Williams, David R. (2005年1月6日). “Tentatively Identified Missions and Launch Failures”. NASA NSSDC. 2010年7月30日閲覧。
  3. ^ a b McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2010年7月26日閲覧。
  4. ^ Krebs, Gunter. “Luna E-1”. Gunter's Space Page. 2010年7月26日閲覧。
  5. ^ 月に向かって打ち上げられた世界初の宇宙機は1958年8月17日打上げのパイオニア0号機英語版(米)である。
  6. ^ Wade, Mark. “Luna E-1”. Encyclopedia Astronautica. 2010年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月26日閲覧。
  7. ^ a b Wade, Mark. “Soyuz”. Encyclopedia Astronautica. 2010年1月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月26日閲覧。