ルーク・フィルズ

ルーク・フィルズ(Sir Samuel Luke Fildes KCVO RA、1843年10月3日 - 1927年2月28日[1]イギリスの画家である。

ルーク・フィルズ
Luke Fildes
Portrait of Samuel Luke Fildes.jpg
生誕1843年10月3日
リヴァプール
死没1927年2月28日
ロンドン

略歴編集

リヴァプールで生まれた。祖母のメアリー・フィルズ(Mary Fildes) はマンチェスター女性改革協会(Manchester Female Reform Society)の会長を務めた女性運動家として有名な女性であった。17歳でウォリントンの美術学校で学んだ後、サウス・ケンジントンの美術学校で学んだ。サウス・ケンジントンの美術学校ではフーベルト・フォン・ヘルコマー(1849- 1914)やフランク・ホール(1845–1888)と知り合い、3人は社会的リアリズムの画家フレデリック・ウォーカー(1840–1875)の作品から影響を受けた。祖母から受け継いだ社会への関心から、1869年にウィリアム・トーマス(William Luson Thomas)らによって創刊された絵入り週刊新聞「The Graphic」の創刊のスタッフに加わった。

貧しい人々を描いたフィルズの挿絵は人気になり、他の雑誌の挿絵も描き、チャールズ・ディケンズの最後の作品『エドウィン・ドルードの謎』やウィリアム・メイクピース・サッカレーの『キャサリン』などの書籍の挿絵も描いた[2] 。雑誌「バニティ・フェア」に何点かのカリカチュアも描いた。

1870年までに彼は挿絵などの仕事をやめ、油絵の製作に集中した。有力者の肖像画や社会的リアリズムの画家として活動した。作品には、アメリカでトルーマン大統領の医療に関する法案に反対するアメリカ医学医師協会がキャンペーンのポスターやパンフレットに用いられた「The Doctor」などの作品がある。[3]

1879年にロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの準会員に選ばれ、1887年に正会員に選ばれた。1906年にエドワード7世によってナイトに叙せられた[4]

作品編集

脚注編集

  1. ^ “SIR LUKE FILDES : Academic Medicine” (英語). LWW. https://journals.lww.com/academicmedicine/Fulltext/2002/06000/SIR_LUKE_FILDES.12.aspx 2018年9月18日閲覧。 
  2. ^ Souter, Nick and Tessa (2012). The Illustration Handbook: A guide to the world's greatest illustrators. Oceana. pp. 26. ISBN 9781845734732 
  3. ^ Verghese, Abraham (2009年6月12日). “To the AMA: It's Not About You”. The Atlantic. 2014年9月25日閲覧。
  4. ^ The London Gazette, 3 August 1906”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

参考文献編集

  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Fildes, Sir Luke". Encyclopædia Britannica. 10 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 339.