ルートヴィヒショルガスト

紋章 地図
(郡の位置)
DEU Ludwigschorgast COA.svg Lage des Landkreises Kulmbach in Deutschland.PNG
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: クルムバッハ郡
市町村連合体: ウンターシュタイナハ行政共同体
緯度経度: 北緯50度07分30秒 東経11度33分39秒 / 北緯50.12500度 東経11.56083度 / 50.12500; 11.56083座標: 北緯50度07分30秒 東経11度33分39秒 / 北緯50.12500度 東経11.56083度 / 50.12500; 11.56083
標高: 海抜 339 m
面積: 5.94 km2
人口:

979人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 165 人/km2
郵便番号: 95364
市外局番: 09227
ナンバープレート: KU, EBS, SAN
自治体コード:

09 4 77 135

行政庁舎の住所: Hauptstr. 50
95364 Ludwigschorgast
ウェブサイト: www.ludwigschorgast.de
首長: ドーリス・ライトナー=ビザーニ (Doris Leithner-Bisani))
郡内の位置
Ludwigschorgast in KU.svg
地図

ルートヴィヒショルガストドイツ語: Ludwigschorgast)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州クルムバッハ郡オーバーフランケン行政管区)に属する市場町で、ウンターシュタイナハ行政共同体の一員である。この町は、連邦道B289とB303に面している。

地理編集

自治体の構成編集

この町は、公式には4つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落は、首邑のルートヴィヒショルガストのみである。

位置編集

ルートヴィヒショルガストは、フランケンヴァルト自然公園とオーバーフランケン東部計画地域に位置する。

歴史編集

この町はバンベルク大司教区の東の最前線であり、1200年頃に円形の塔を持つ山城が築かれた。1476年3月28日ヘンネベルク司教フィリップから市場開催権が与えられた。この町はフス戦争ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯アルブレヒト・アルキビアデス治世下の農民戦争、さらには三十年戦争七年戦争でも破壊された。バンベルク司教領に置かれたアムトは世俗化後、バイエルン主導で行われたプロイセンとバイエルンの和約で1803年にバイロイト侯領となるが、1807年にはティルジットの和約によってフランスのものとなった。1810年バイエルン王国とフランスとの条約でバイロイト及びブレヒテスガーデンの諸侯領およびレーゲンスブルク侯領がバイエルンに編入された。バイエルン王国の行政改革に伴う自治体令により1818年に現在の自治体が成立した。

人口編集

この地域の人口は、1970年に984人、1987年に881人、2000年には1,021人であった。

引用編集

外部リンク編集