ルーナラテン語Lūna)は、ローマ神話に登場する女神[1]であり、その名は月を意味するラテン語に由来する。日本語では長母音を省略し、ルナともいう[2]

ルーナ像。

神殿はローマ市内にあったが、早くからディアーナに吸収された[1]。ルーナ独自の神話は持たなかった[1]。また、ギリシア神話セレーネーと同一視された[1]

出典編集

  1. ^ a b c d 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店1960年、305頁。
  2. ^ マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル『ギリシア・ローマ神話事典』大修館書店1988年

関連項目編集