レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー

レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』(Reykjavik Whale Watching Massacre)は、2009年アイスランドホラー映画

レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー
Reykjavik Whale Watching Massacre
監督 ジュリアス・ケンプ
脚本 シオン・シガードソン
製作 マイク・ダウニー
イングヴァール・ソルダソン
サム・テイラー
マーカス・セリン
ユッカ・ヘッレ
ギスリ・ギスラソン
音楽 ヒルマル・オルン・ヒルマルソン
撮影 ジャン=ノエル・ムストーネン
編集 シガービョーグ・ヨンスドッティル
配給 日本の旗 アップリンク
公開 アイスランドの旗 2009年9月2日
日本の旗 2011年6月4日
上映時間 90分
製作国 アイスランドの旗 アイスランド
言語 アイスランド語
製作費 200万ユーロ[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

アイスランドの首都のレイキャヴィクは連日ホエールウォッチングに訪れる観光客で賑わっていた。ある日、6組の観光客を乗せた船が航行中に船長が死亡してしまい、海上に取り残されてしまう。するとそこへ漁船が通りかかり、それを操業している家族に拾ってもらった。だが実は、彼らは捕鯨禁止措置によって職を失ってしまい、ホエールウォッチャーに憎しみを抱く家族だった。

キャスト編集

製作編集

撮影期間は約40日である[2][3]。劇中に登場する捕鯨船はプロデューサーの私物が使われた[3]

監督のユリウス・ケンプは「ホラー映画の良し悪しは、8割が音にかかっている」ためにそこは削れないと考え、その結果、『プレデター』、『エイリアン3』に携わったイギリスの音響技師が雇われた[2][1]。捕鯨船の効果音には『エイリアン』の宇宙船の効果音が使われた[1]

ガンナー・ハンセン演じるペートゥル船長がシーシェパードポール・ワトソン代表に似ていると話題になったが、監督は「いえ、まったく意図していませんでしたが、確かに良く似ていますね。でもポール・ワトソンはアイスランドでは歓迎されません(笑)。」と答えている[1]

続編の企画が進行中であり、シオン・シガードソンが脚本を書いている。裕木奈江が主役となり、アマゾンを舞台としてブラジルで撮影される予定である[1]

参考文献編集

外部リンク編集