レオノール・デ・グスマン

カスティーリャ王アルフォンソ11世の愛妾

レオノール・ヌニェス・デ・グスマン(Leonor Núñez de Guzmán, 1310年 - 1351年)は、カスティーリャ王アルフォンソ11世の愛妾。

レオノール・デ・グスマン
Leonor de Guzmán
La última despedida (Museo del Prado).jpg
処刑前に、我が子ファドリケ・アルフォンソに別れを告げるレオノール・デ・グスマン

出生 1310年
死去 1351年
タラベラ・デ・ラ・レイナ
子女 一覧参照
父親 ペドロ・デ・グスマン
母親 フアナ・ポンセ・デ・レオン
テンプレートを表示

カスティーリャ貴族ペドロ・デ・グスマンと妻フアナ・ポンセ・デ・レオン(レオンアルフォンソ9世の子孫)の娘として、セビーリャで生まれた。ユダヤ人の血もひくと言われる。1320年代後半から、アルフォンソ王の寵愛を受け、10子を生んだ。王がマリア王妃を宮廷から遠ざけていたため、レオノールは実質的な王妃扱いを受けていた。アルフォンソの死後、謀反の疑いをかけられ、タラベラ・デ・ラ・レイナ(現在のスペイントレド県の都市)で処刑された。

子女編集

  • アルフォンソ(1330年 - 1338年)
  • フアナ(1330年 - 1375年)
  • サンチョ(1331年 - 1343年)
  • エンリケ(1334年 - 1379年) のちのカスティーリャ王エンリケ2世
  • ファドリケ(1335年 - 1358年) サンティアゴ騎士団団長
  • フェルナンド(1336年 - 1342年)
  • テリョ(1337年 - 1370年)
  • フアン(1341年 - 1359年)
  • サンチョ(1342年 - 1374年) アルブルケルケ伯
  • ペドロ(1345年 - 1359年)