レオポルト・フォン・カルクロイト

レオポルト・カール・ヴァルター・フォン・カルクロイト(Leopold Karl Walter (Graf) von Kalckreuth、1855年5月15日 - 1928年12月1日)はドイツの画家である。

レオポルト・フォン・カルクロイト
Leopold von Kalckreuth
Jacob Hilsdorf - Leopold Graf von Kalckreuth.jpg
生誕1855年5月15日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国, デュッセルドルフ
死没1928年12月1日
ドイツの旗 ドイツ国, Seevetal

略歴編集

デュッセルドルフで生まれた。曽祖父のフリードリヒ・アドルフ・フォン・カルクロイトはナポレオン戦争時代のプロイセンの元帥になった人物で、父親のスタニスラウス・フォン・カルクロイト(Stanislaus von Kalckreuth)は画家であり、1863年から1866年の間、カイルハウのフリードリヒ・フレーベルの進歩的な学校に招かれていた。父親からワイマールの美術学校で、絵画を学んだ後、1878年にミュンヘン美術院に移り、フランツ・フォン・レンバッハの指導を受けた。1885年からワイマールで画家、ワイマールの美術学校の教師として働いた。

1895年にカールスルーエの州立美術学校の教師となるが、カールスルーエの教授で保守的な画家、フェルディナント・ケラー(1842-1922)と対立し、1899年にはカールスルーエを去った。その後シュツットガルトで働いた。カールスルーエ時代の同僚、ロベルト・ペッツェルベルガーやカルロス・グレーテを招いて、1900年からシュツットガルトの美術学校の校長を務め、1901年に王立美術アカデミーとするのに功績があった[1]。シュツットガルトの6人の芸術家と協会(Stuttgarter Künstlerbund e.V.)を組織した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Wolfgang Kermer: Daten und Bilder zur Geschichte der Staatlichen Akademie der Bildenden Künste Stuttgart. Stuttgart: Edition Cantz, 1988 (= Verbesserter Sonderdruck aus: Die Staatliche Akademie der Bildenden Künste Stuttgart: eine Selbstdarstellung. Stuttgart, Edition Cantz, 1988), o. P. [6].

参考文献編集

  • Alfred Lichtwark: Briefe an Leopold Graf von Kalckreuth. Hrsg. von Carl Schellenberg. Wegner, Hamburg 1957
  • Johannes Kalckreuth: Wesen und Werk meines Vaters. Lebensbild des Malers Graf Leopold von Kalckreuth. Bearbeitet von Hans Mollier. Christians, Hamburg 1967
  • Wolfgang Freiherr von Löhneysen: Kalckreuth Grafen, Leopold. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 11, Duncker & Humblot, Berlin 1977, ISBN 3-428-00192-3, S. 51–53 (電子テキスト版).
  • Ortrun Gutjahr & David Graf von Kalckreuth: „Überstehn ist alles“. Wolf Graf von Kalckreuth im Bild seines Vaters Leopold und in Rilkes Requiem. Würzburg: Königshausen & Neumann 2005