レオポルト・フォン・ヘニング

レオポルト・フォン・ヘニングLeopold von Henning, 1791年10月4日 - 1866年10月5日)は、ドイツ哲学者ヘーゲル右派の人物として知られている。

経歴編集

ブルシェンシャフトのメンバーとして、カローヴェ事件に参加し、逮捕・投獄されるといった経験をもつ。やがて、ヘーゲルに師事し、助手を経てベルリン大学教授に就任。ヘーゲルの国家哲学を継承した。また、ゲーテの色彩論とヘーゲルの自然哲学の一致も主張した。

業績編集

編著作に、ベルリン版ヘーゲル全集の「大論理学」「エンチクロペディー」の編纂のほか、 「厳密な知識と哲学の関係」(1821)「ゲーテの色彩論についての公開講義序論」(1822) 「プロイセンの憲法問題における合意」(1845) など