レヒネル・エデン

この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にエデン・レヒネルと表記することもあります。

レヒネル・エデンLechner Ödön1845年8月27日1914年6月10日)は、ハンガリー建築家。ハンガリーの分離派建築の中心的人物。

レヒネル・エデンの像

ブダペストアール・ヌーヴォーの世紀末建築を多く残し、スペインのガウディと並び称されることもある。ハンガリーの民族的様式や、インド的様式を取り入れ、セラミックスを多用したことが特徴としてあげられる。

代表作編集

 
工芸美術館
  • セゲドのシティ・ホール、Gyula Pártosと共に (1882)
  • ズレニャニンのシティ・ホール、Gyula Pártosと共に (1885-1886)
  • ラースロー1世教会、ブダペスト (1891-1897)
  • ケチケメートのシティ・ホール、Gyula Pártosと共に (1893)
  • 工芸美術館(ブダペスト、1896年完成) ハンガリー建国1000年を記念して建てられた
  • 地質学研究所(ブダペスト、1899年完成)
  • 郵便貯金局(ブダペスト、1901年完成)