メインメニューを開く
中世の古城跡
レーゼクネ駅

レーゼクネ(Rēzekne)はラトヴィアの都市。人口は約3万6千人(2006年)。

目次

地勢・産業編集

ラトヴィア東部の都市。首都リガから約250キロ東に位置している。交通の要所であり、ペテルブルクからワルシャワを結ぶ国際列車や、リガからモスクワへと至る国際列車がこの都市を経由する。道路網を通じても各地と結ばれている。

歴史編集

レーゼクネという名称が史料に現れるのは1285年である。ドイツ騎士団ポーランド・リトアニア連合王国などの統治を経て、18世紀後半のポーランド分割によってロシア領となった。第一次世界大戦後にラトヴィアが独立してラトヴィア領になるが、第二次世界大戦中にソヴィエトに併合された。ドイツ軍ソ連軍の攻撃により街は荒廃し、第二次世界大戦後には街の人口は約5千人程度にまで減少した。第二次世界大戦後は重点的に工業化が進められ、ロシア系労働者が多く働いた。そのため、この街では約半数の住民がロシア系である。1991年のラトヴィア独立にともなってラトヴィア領となった。

姉妹都市編集

代表的な出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集