ロゲルギスト

ロゲルギスト (Logergist) は、1950年頃にはじまり数十年続いた日本の物理学者同人会である。特に、毎月集まって身近な物理現象から宇宙や生命現象、さらには社会現象にまで及ぶ広範な話題を取り上げて自由闊達な議論を交わした結果を踏まえて順次交代で執筆・寄稿し、単行本にまとめられているエッセイ『物理の散歩道』[1]で知られる。

目次

概説編集

メンバーの一人である高橋秀俊によれば、ノーバート・ウィーナーの『サイバネティックス』(原書1948年)に感動した幾人かの集まりにより、サイバネティックスの研究会を始めよう、という相談がまとまったのが始まりである[2]。当初は「測定」といったようなことをテーマとし「二年ぐらいはわりに頻繁に集まっていた」[3]。その後『都合のつきやすい夜に集まって、食事をしながら話をするという、第二期の会を作った』[3]という。

当初からのメンバーは

の5名で[1]、間もなく

が加わって7名となった(カッコ内はエッセーの筆者名「ロゲルギストX」の X として使用した署名)[1]。1959年2月に雑誌『自然』(中央公論社)に掲載されたことを正式なデビューとしている[1]。それから24年間にわたって連載されたエッセイは順次まとめて出版され、岩波書店からの『物理の散歩道』シリーズ計5冊および中央公論社からの『新 物理の散歩道』シリーズ計5冊となった。

はじめは「サイバネの会」などと呼んでいたが、そのうち『われわれの扱う範囲はそれよりもっと広いのだというようなことからだったと思うが』[4]新しい語を作ろうと議論し、ロゴス(λόγος)とエルゴン(ἔργον)とを繋いで作った言葉「ロゲルギーク (Logergik)」という新語に決まった。発案は高橋で、サイバネティックスエネルギーの観点を加えた「情報とエネルギー」に関する理論体系をつくろうという当初の目標をあらわしたものという。雑誌『自然』に寄稿するようになった際に、ここから派生して「ロゲルギスト」という名ができた。

書籍編集

出典編集

  1. ^ a b c d 磯部 1999, pp. 763–765.
  2. ^ 「のちに会の性格も変り。メンバーも入れ替ってはいるが(中略)「ロゲルギスト」のグループのそもそもの始まり」。高橋 1979, pp. 68–71。
  3. ^ a b 高橋 1979, pp. 68–71.
  4. ^ 高橋 1979, p. 71.

参考文献編集

同書 pp. 167~169 にもロゲルギストとしての活動の話がある。
  • 「特集 ロゲルギスト『物理の散歩道』のこころ」、『科学』第79巻第8号、岩波書店、2009年7月31日
ロゲルギストについて詳しく書かれている。
同じ学問を専攻する学者たちが創造的雑談をしている例として紹介されている。