ロジャー・フライ

ロジャー・フライの自画像

ロジャー・フライRoger Eliot Fry, 1866年12月14日 - 1934年9月9日)は、ロンドン生まれの、イギリス画家・芸術批評家で、ブルームズベリー・グループの一員でもあった。

生涯編集

ケンブリッジ大学のキングス・カレッジに学び、そこでケンブリッジ使徒会Cambridge Apostles)の一員に迎えられる。最初の試験を自然科学で合格した後、パリとイタリアに赴き、イタリア美術を専攻し、最終的には風景画家となった。

1910年、ブルームズベリー・グループのメンバーたちと共に、ポスト印象派の展覧会(マネとポスト印象派展:マネセザンヌゴーギャンゴッホ等)をロンドンで企画する。この企画は、フライが愛情を抱いていたオットリン・モレルがこれを後援した。同展はロンドンの美術界に大きな刺激を与えた。

1913年には、「オメガ・ワークショップ」(Omega Workshop)という一種のデザイン工房を設立。ここに、ヴァネッサ・ベルやダンカン・グラントも所属した。当時グラントは、ヴァネッサ・ベルの恋人だった。

後にヴァネッサの妹で作家ヴァージニア・ウルフが、評伝『ロジャー・フライ伝』(宮田恭子訳、みすず書房、1997年)を書いている。

主な著作編集

  • Vision and Design (1920)
    • 『ヴィジョンとデザイン』 蜂巣泉・堀川麗子訳、水声社、2019年
  • Transformations (1926)
  • Cézanne. A Study of His Development (1927)
  • Henri Matisse (1930)、アンリ・マティス
  • French Art (1932)
  • Reflections on British Painting (1934)

作品編集