ロスチスラフ・イヴァノヴィチ

ロスチスラフ・イヴァノヴィチロシア語: Ростислав Иванович、? - 1189年)はイヴァン・ロスチスラヴィチの子である。リューリク朝出身者であるが、所領を持たない公(イズゴイ)であった。

ロスチスラフは、所領を失った父と共に亡命生活を送った後、スモレンスク公ダヴィドの庇護下に入っていた[1]。1187年にガーリチ公ヤロスラフが死亡した後のガーリチ公国では、公国の相続権をめぐる争いが勃発した。1189年、ガーリチの貴族らの一派が、ロスチスラフを公位に招聘し[1]、ダヴィドもまたこれを許可した。これは、権力基盤を持たないロスチスラフは、ガーリチの貴族らにとって御し易い人物だったためとする説がある[1]。なお、ロスチスラフの父イヴァンはかつてガーリチ公位にあり、その地位を追われた人物である。

当時、ガーリチには、ヤロスラフ死後の権力闘争に介入してきたハンガリー王ベーラ3世の子、アンドラーシュ(後のハンガリー王アンドラーシュ2世)が駐屯していた。ロスチスラフの接近を知ったアンドラーシュは、ガーリチの貴族らに自身への忠誠の誓いを求め、貴族らの中にはこれに従うものが現れた[2]。ガーリチ近郊で、ロスチスラフを迎えた貴族らはわずかであり、異変を察したロスチスラフの従士(ドルジーナ)は撤退を勧めた[2]。しかし、ロスチスラフは自身がガーリチ貴族らを疑い不義をなすことを望まず、父の地で戦いに没することを望み、ハンガリー人ならびにハンガリーに従属したガーリチ貴族らの軍に突撃した[2]。ロスチスラフは捕縛され、戦傷に毒を塗られて死亡した[2]

子に関する記述は残されていない。

出典 編集

  1. ^ a b c 中澤ほか 2018, p. 241.
  2. ^ a b c d 中澤ほか 2018, p. 242.

参考文献 編集

  • 中澤敦夫, 吉田俊則, 藤田英実香「『イパーチイ年代記』翻訳と注釈(8) : 『キエフ年代記集成』(1181〜1195年)」『富山大学人文学部紀要』第68巻、富山大学人文学部、2018年2月、181-279頁、CRID 1390572174764448768doi:10.15099/00018264hdl:10110/00018264ISSN 03865975