ロスチスラフ・ヤロスラヴィチ (スノフスク公)

Женитьба Ростислава Ярославича на Всеславе.png

ロスチスラフ・ヤロスラヴィチ
Ростислав Ярославич
スノフスク
ヴィシゴロド公
在位 スノフスク公:1181年 - 1203年
ヴィシゴロド公:1212年

出生 1171年
死去 1212年以降
配偶者 フセスラヴァ・フセヴォロドヴナ
家名 リューリク家
父親 チェルニゴフ公ヤロスラフ
母親 イリーナ
テンプレートを表示

ロスチスラフ・ヤロスラヴィチロシア語: Ростислав Ярославич1171年 - 1212年以降)は、チェルニゴフ公ヤロスラフとその妻イリーナとの間の子である。スノフスク公:1181年 - 1203年、ヴィシゴロド公:1212年。聖名イヴァン。

ロスチスラフはルーシの年代記レートピシ)上において、2回の言及がみられる。1回目は、1203年にチェルニゴフ・オレグ家(ru)の諸公とともにキエフを攻めたという記述であり、2回目は、1212年にムスチスラフによって、兄弟のヤロポルクとともにヴィシゴロドにおいて捕虜となったという記述である[1]

妻はウラジーミル大公フセヴォロドの娘フセスラヴァであるが、子に関する記述は残されていない。

出典編集

  1. ^ Горский А.А. Русские земли в XIII—XIV веках. Пути исторического развития