ロストフのディミトリー

ロストフのディミトリー(Dimitry of Rostov、ロシア語: Димитрий Ростовскийウクライナ語: Димитрій Ростовський、1651年12月11日 – 1709年10月28日)は、フェオファン・プロコポーヴィチ英語版による、ロシア正教会皇帝教皇主義改革に対して反対に回った人物。

聖ディミトリー
Dimitry rostovsky 17c.jpg
生誕 1651年12月11日
ヘーチマン国家
死没 1709年10月28日
ロシア・ツァーリ国ロストフ
崇敬する教派 正教会
列聖日 1757年4月22日
列聖決定者 ロシア正教会
テンプレートを表示

彼はいくつかの作品を著しており、その中で最も著名なものは『聖人たちの生活』(Четьи-Минеи)である[1]

参考文献編集

  1. ^ Prelate Dimitry of Rostov”. www.fatheralexander.org. 2017年6月7日閲覧。

この記述には、パブリックドメインの百科事典『ブロックハウス・エフロン百科事典(1906年)』本文を含む。

外部リンク編集