メインメニューを開く

ロッコール島(ロッコールとう、Rockall)とは、北大西洋に浮かぶイギリス領のである。海食柱の1つ。ロックオール島と表記されることもある。

ロッコール島
Rockall-photo.JPG
所在地 イギリス
所在海域 大西洋
座標 北緯57度35分48.12秒 西経13度41分18.96秒 / 北緯57.5967000度 西経13.6886000度 / 57.5967000; -13.6886000
面積 0.0007843 km²
最高標高 21.4 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

位置編集

概要編集

海面から突出した塔状の(高さ約23m、直径27m)。排他的経済水域 (EEZ)を設定した場合、豊富な海洋資源を得ることができるため、イギリスはロッコールを基点とするEEZの設定を検討したが、アイルランド共和国デンマークフェロー諸島の一部として)、アイスランドはこれに反対していた。

1982年に採択、1994年に発効した「海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)」には、121条3項に「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない」と規定されており、イギリスは、ロッコール島は「条約第121条3項に基づき漁業水域の限界のための有効な基点ではない」と判断して政策転換を図り、ロッコール島の排他的経済水域と大陸棚に関する主張を放棄した[1]

岩(rock)には、それを基点とするEEZを設けることができないが、領土としては認められ、領海も設定できる。イギリスのロッコールに対する領有権主張に対しては、どの国家も異議を申し立てをしていない。

ウェーブランド事件編集

1997年に環境保護団体「グリーンピース」が、油田開発に対する抗議活動の一環としてロッコール島に小屋を建て、占領した。彼らはロッコール島をグローバル・ステート・オブ・ウェーブランドと名づけて独立国家の樹立を宣言したが、イギリス政府に無視された。

脚注編集

  1. ^ 沖ノ鳥島をめぐる諸問題と西太平洋の海洋安全保障 134ページ参照 外交防衛委員会調査室 参議院

関連項目編集

外部リンク編集