ロドノヴェリエ(Rodnovery)は、ネオペイガニズム宗教新宗教として分類され、中東欧スラヴ人の歴史的な信仰体系に基づいて実践されるが、この宗教は外部の影響も受けており、様々な流れを汲んでいる。

ロシアカルーガ州に集まるロドノヴェリエの信者。
ウクライナでの集会。
ポーランドのロドノヴェリエの屋外祭壇。

実践編集

ロドノヴェリエは本質的にコミュニティの宗教であり、ほとんどの信者は積極的に組織に参加している。少数の信者だけが単独の実践を行っている[1]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ Simpson 2013, p. 118; Aitamurto 2016, p. 63.

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、ロドノヴェリエに関するカテゴリがあります。