ロドリク・ブレースウェート

ロドリク・ブレースウェート(Sir Rodric Quentin Braithwaite、1932年5月17日 - )は、イギリス外交官著作家

ケンブリッジ大学クライスツカレッジ卒業。兵役を経て、1955年にイギリス外務省に入省。インドネシアイタリアポーランドソ連での在外勤務の後、1988年から1992年までモスクワ駐在イギリス大使を務めた。その後、イギリス首相の外交政策顧問や合同情報委員会議長を歴任した。1994年に聖マイケル・聖ジョージ勲章を授与された。

著作編集

  • Across the Moscow River: the world turned upside down, Yale University Press, 2002.
  • Moscow 1941: a city and its people at war, Alfred A. Knopf, 2006.
『モスクワ攻防1941――戦時下の都市と住民』、川上洸訳、白水社、2008年
  • Afgantsy: the Russians in Afghanistan 1979-89, Profile, 2011.
『アフガン侵攻 1979-89』、河野純治訳、白水社、2013年