メインメニューを開く

ロバート・J・"ボブ"・マズーカ (Robert J. "Bob" Mazzuca; 1947年-)はボーイスカウトアメリカ連盟の11代事務総長(en)。 同職務を2007年から2012年8月31日まで務めた。

Robert J. Mazzuca
Mazzuca crop.jpg
生誕 1947年
San Juan Bautista, California, U.S.
教育 カリフォルニア・ポリテック州立大学
雇用者 ボーイスカウトアメリカ連盟
肩書き 事務総長
任期 2007 – August 31, 2012
前任者 Roy Williams
後任者 Wayne Brock
配偶者 Nanette Mazzuca

経歴編集

ロバート・マズーカは1947年にカリフォルニア州のサンファンバウティスタで生まれた。少年時代、ボーイスカウト28隊(現在の428隊)に所属し、1964年にイーグル・スカウト章を取得。スカウト時代に、彼はモントレイ・ベイ地域連盟のピコ・ブランコキャンプに四度にわたって参加し、そのうち2回はスタッフとして参加した。マズーカはEsselen Lodgeの一員としてオーダー・オブ・ザ・アロー([[:en:Order of the Arrow]])に叙任された。

1970年、マズーカはカリフォルニア・ポリテクニック州立大学で教養学士の学位を取得した[1]

マズーカとその妻Nanetteの間には二人の息子がおり、その一人のVince Mazzucaは2003年から2005年にかけてと2006年から2007年にかけてボルモチア地域連盟の専門指導者として奉仕した。

スカウティング編集

マズーカのスカウティング指導者としての経歴は1971年にカリフォルニアのモデスト地区でエクスプローリングの監督担当の事務になったことから始まる[2] 。1975年にはサクラメントのエクスプローリング監督担当となり、野営行事奉仕委員に昇進した。

1983年、マズーカはストックトンの連盟理事となる。後に西部地域理事として奉仕し、その後にサクラメントに理事として戻った。1992年、南部地域の副地域理事となり、1995年に大ピッツバーグ連盟の理事となった[3]

2005年、彼は全国委員会開発グループ全国理事となり、2006年に事務次長となった。2007年11月、Roy Williamsの後任として事務総長に就任した[4][5]

マズーカは全国カトリックスカウト委員会の終身委員である[6] 。2008年7月、H. Toe Bartle Scout ReservationにおいてTribe of Mic-Osayの名誉議長に就任した。2009年、マズーカは殊勲イーグルスカウト章(en)を受章した[7]

マズーカはボーイスカウトアメリカ連盟事務総長として1,211,572ドルの報酬を寄付金から与えられた。これはCharity Watchによると史上4番目に多い額であった[8]

2012年に事務総長を退任し、後任は前アメリカ連盟事務次長のWayne Brockが就任した[9]

名誉と栄典編集

MazzucaはTribe of Mic-O-Say(ボーイスカウトアメリカ連盟のホーナー・ソサエティ)の指導者として第5代事務総長を務めた[10] 。2009年、ゴールデンアロー殊勲奉仕章を受章。

参考文献編集

外部リンク編集