ロンコド満州語: ᠯᠣᠩᡴᠣᡩᠣ、ラテン文字転写:Longkodo、漢字:隆科多、? - 1728年)は、康熙雍正期の官人。孝懿仁皇后の弟。満州鑲黄旗人で、姓はトゥンギャ氏(Tunggiya hala、佟佳氏)。

康煕27年(1688年)に一等侍衛、鑾儀使、正藍旗蒙古副都統に任じられた。康熙59年(1720年)、理藩院尚書、歩軍統領となった。康煕帝の四子・胤禛(後の雍正帝)との間には密接な関係があって、胤禛から「叔父」と呼ばれた[1]

康熙61年(1722年)、康熙帝が病を得て崩御すると、ロンコドは遺詔によって「伝位于四子」(四子がすなわち雍正帝のこと)と公表したが、簒位の噂が絶えなかった。即位して間もなく、雍正帝はロンコドを吏部尚書、太保に任じ、ロンコドは一時権勢を誇った。しかし雍正5年(1727年)、「四十一大罪」を理由に無期懲役に処せられ、翌年に誅殺された。

出典編集

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ 実際には嫡母(義母)の弟であったが、雍正帝の祖母である孝康章皇后の甥という血縁関係もあった。