ワイルド・バンチ

ワイルド・バンチ(The Wild Bunch)は、イギリスブリストルにて、サウンド・システムを母体として結成されたヒップホップ・グループ。[1]

The Wild Bunch
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドブリストル
レーベル アイランド・レコード
4th & B'way Records
メンバー ダディ G
DJ Milo
ネリー・フーパー
ロバート・デル・ナジャ(3D)
マッシュルーム
Willie Wee
トリッキー

略歴編集

ワイルド・バンチは、1980年代初頭のブリストルでダディ G、DJ Milo、ネリー・フーパーの3人により結成され、後にロバート・デル・ナジャ(3D)、マッシュルーム、Willie Weeの3人が加入した。 ダディ Gの自宅で友人を集った、パンクニューウェイヴファンクディスコヒップホップレゲエのレコード鑑賞を発端に活動が始まる。[1]ダディ Gがブリクストン・パーク・ストリートのクラブ「ダグアウト」でレゲエのDJを始めた頃から集客が増してワイルド・バンチの下地が作られ[2]、その後、サウンドシステムとしてセントポールズ・ミュージック・フェスティバルに出演した[3]。のちにマーク・スチュワートの後ろ盾を得てロンドンへ進出し、アイランド・レコードと契約を果たしてメジャー・レコード会社と契約したイギリス初のヒップホップ・グループとなった[1]

1986年の4月から5月にかけて菊池武夫のファッションショーへの出演に伴い、ネナ・チェリーが在籍するBUFFALOと共に日本ツアーが行われた[3]。日本ツアー終了後に、ダディ Gは、ロバート・デル・ナジャ(3D)、マッシュルームと共にマッシヴ・アタックを結成。ネリー・フーパーは、ソウル・II・ソウルに参加し、DJ Miloは、日本での音楽活動を続けた。[4]

1987年、1stシングル「Tearin Down The Avenue / The Look Of Love」をリリースした[5]。エリック B. & ラキムのシングル「Move The Crowd」[6]とMorgan McVeyの「Looking Good Diving」[7]でリミックスを手がけた。 1987年の大晦日には、ブリストルのセントバルナバス納堂でソウル・II・ソウルとサウンド・クラッシュが行われた[8]

1988年、2ndシングル「Friends And Countrymen」をリリースした[9]

1989年、ロバート・デル・ナジャ(3D)とマッシュルームは、ネナ・チェリーのアルバム「ロー・ライク・スシ」にマッシヴ・アタック (and The Wild Bunch)のクレジットで参加した[10]

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • Tearin Down The Avenue / The Look Of Love (1987)
  • Friends And Countrymen (1988)

DJ MIX編集

  • The Wild Bunch (Story Of A Sound System) Mixed by DJ Milo

参考文献編集

  • 「What is The Wild Bunch」SOPH.co.,ltd.

脚注編集

  1. ^ a b c 「What is The Wild Bunch」SOPH.co.,ltd.
  2. ^ Wild Dayz Photos by Beezer 解説 アスミックエースエンタテインメント
  3. ^ a b relax 81 2003年11月号 特集ワイルドバンチ マガジンハウス
  4. ^ [1]Discogs The Wild Bunch
  5. ^ [2]Discogs The Wild Bunch – Tearin Down The Avenue
  6. ^ [3]Discogs Eric B. & Rakim - Move The Crowd (Wild Bunch Remix)
  7. ^ [4]Discogs Morgan McVey – Looking Good Diving With The Wild Bunch
  8. ^ Grundy, Gareth (2011年6月14日). “Soul II Soul v the Wild Bunch The Guardian”. 2021年9月19日閲覧。
  9. ^ [5]Discogs The Wild Bunch – Friends And Countrymen
  10. ^ ネナ・チェリー『ロー・ライク・スシ』東芝EMI・日本盤ライナーノーツ