ヴァシリー・コンスタンチノヴィチ (リャザン公)

ヴァシリー・コンスタンチノヴィチロシア語: Василий Константинович、? - 1308年)は、歴代リャザン公のうちの1人である。在位:1301年 - 1308年。

ヴァシリー・コンスタンチノヴィチ
Василий Константинович
リャザン公
Facial Chronicle - b.07, p.127 - Murder of Vasily Konstantinovich of Ryazan.jpg
ヴァシリーの殺害
在位 1301年 - 1308年

死去 1308年
家名 リューリク家
父親 コンスタンチン・ロマノヴィチ
テンプレートを表示

生涯編集

ヴァシリーはおそらく、父コンスタンチンモスクワ公ダニールの捕虜になった1301年より、リャザン公国を統治したと考えられている。1306年に父コンスタンチンが死去した後も、プロンスク公イヴァン、ミハイル(ru)の主張をはねのけ、リャザン公位を保持した。

ヴァシリーは1308年、ジョチ・ウルスを訪問中に殺害されたが、このヴァシリーの謀殺にはおそらくプロンスク公が関与している。

参考文献編集

  • Рязанские князья // Русский биографический словарь : в 25 томах. — СПб.—М., 1896—1918.
  • Славянская энциклопедия. Киевская Русь — Московия: в 2 т. / Автор-составитель В. В. Богуславский. — Т. 1.
先代
コンスタンチン・ロマノヴィチ
リャザン公
1301年 - 1308年
次代
イヴァン・ヤロスラヴィチ