ヴァシリー (コゼリスク公)

ヴァシリーロシア語: Василий、1225年もしくは1226年 - 1238年)はチェルニゴフ公ムスチスラフの孫である。コゼリスク公

1223年に息子と共にカルカ河畔の戦いに参加した。また、1238年のコゼリスク包囲戦(ru)において死亡した。ただしカルカ河畔の戦いで死亡したドミトリー(聖名)という人物をヴァシリーと同定する説もある[1]

また、ヴァシリーの父の名はイヴァンとする説、ティートであるとする説がある[2]

出典編集

  1. ^ Л.Войтович КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ
  2. ^ Чивилихин В. А. Память. Роман-газета № 16-17 (950—951). Госкомиздат, 1982.

参考文献編集