メインメニューを開く

円形文字(えんけいもじ)、またはヴァッテルットゥ文字 (英語: Vatteluttu script, Vattezhutthu scriptタミル語: வட்டெழுத்து = vaṭṭeḻuttuマラヤーラム語: വട്ടെഴുത്ത് = vaṭṭeḻuttŭ))は、1千年紀後半に南インドスリランカで使用されたアブギダ文字である。

パーンディヤ朝チェラ王朝Chera dynasty)では9世紀までこれが使われて、10世紀以降タミル語にはタミル文字が使われるようになり、マラヤーラム語にはサンスクリットを南インドでは南グランタ文字で書くようになり、これがマラヤーラム文字になった。

編集

 
中央縦にタミル語ブラフミー文字を配して、左側が円形文字で、右側がタミル文字で、外側へ向かって文字が変遷した。

コンピュータ編集

2019年10月現在、Unicodeには収録されていない。しかし収録される位置は決まっており、u+11960からu+1199Fの範囲内に収録される予定である[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Roadmap to the SMP, Unicode.org

関連項目編集

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、円形文字に関するカテゴリがあります。