ヴァリエサル条約

ヴァリエサル条約(ヴァリエサルじょうやく、英語: Treaty of Valiesarエストニア語: Vallisaare vaherahuロシア語: Валиесарский договор 1658)は、北方戦争ロシア・スウェーデン戦線英語版を終結させた、ロシア・ツァーリ国スウェーデン帝国の間の条約。

ヴァリエサル条約
署名 1658年12月28日
署名場所 ヴァリエサル
締約国 ロシア・ツァーリ国スウェーデン帝国
主な内容 停戦
関連条約 カディス条約
テンプレートを表示

条約は1658年12月28日[1]ナルヴァ近くのヴァリエサルエストニア語版で締結された。

内容編集

条約の内容は下記の通り[1]

その後編集

ロシアは停戦が終わる1661年までにロシア・ポーランド戦争で劣勢に陥り、ツァーリアレクセイは大国時代のスウェーデンとの戦争を再開する余裕がなくなった[2]。その結果、彼は1661年6月21日のカディス条約の締結を余儀なくされた。カディス条約では戦争前の原状回復が決定され、ロシアはスウェーデン領リヴォニア英語版スウェーデン領イングリア英語版の占領地をスウェーデンに返還することを余儀なくされた[2]

脚注編集

  1. ^ a b Tucker, Spencer C. (2009). A Global Chronology of Conflict: From the Ancient World to the Modern Middle East. 2. ABC-CLIO. p. 636. ISBN 9781851096725. https://books.google.com/books?id=h5_tSnygvbIC&pg=PA636 
  2. ^ a b Tucker, Spencer C. (2009). A Global Chronology of Conflict: From the Ancient World to the Modern Middle East. 2. ABC-CLIO. p. 639. ISBN 9781851096725. https://books.google.com/books?id=h5_tSnygvbIC&pg=PA639