ヴィクトリア・タワー (英語 : Victoria Tower ) とは、イギリスロンドンに位置するウェストミンスター宮殿付属ののことである。同宮殿に付属するエリザベス・タワー (96.3 m)よりも高く、同宮殿の建物の中で最大のものでもある[1]

ヴィクトリア・タワー
Victoria Tower from the south-west.jpg
情報
階数 12階
高さ 98.50メートル (323 ft)
竣工 1860年
所在地 イギリスの旗 イギリスロンドン
テンプレートを表示

概要編集

元々ウェストミンスター宮殿には、同塔にあたる建築物は存在していなかったが、1834年の大火で宮殿の大半が焼失したため、その再建工事の一環として建設された。設計はディテールをオーガスタス・ピュージンが、立面計画などはチャールズ・バリーが担当した。 1843年に時の英国女王ヴィクトリアにより礎石が置かれ、1860年に完成。当初はキング・タワー (The Kings Tower)の名称が付けられていたが、1897年頃に現在の名に変更されている。

脚注編集

  1. ^ http://www.parliament.uk/about/living-heritage/building/place/architecture/placestructure/Victoria-Tower/