Vitali Masol

ヴィターリー・マソルウクライナ語:Віталій Андрійович Масол, Vitaliy Andriiovych Masol, 1928年11月14日[1] - 2018年9月21日[2] )は、ウクライナの政治家。元首相。チェルニーヒウ州、Олишівка生まれ。

1994年6月16日、彼はウクライナの首相に任命された。そして1995年3月1日に辞任し、引退した。マソルはまた、1990年ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首相も務めている。

2018年9月21日にキエフにて死去。89歳没[2]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Third Prime Minister of Ukraine Vitaliy Masol dies” (英語). 112 Ukraine (2018年9月21日). 2018年9月28日閲覧。
  2. ^ a b Ушел из жизни бывший премьер-министр Украины Виталий Масол” (ロシア語). REGNUM (2018年9月21日). 2018年9月28日閲覧。
先代:
-
ウクライナ共和国首相
1990年
次代:
ヴィトリド・フォーキン
先代:
エフィム・ズヴャギリスキー
ウクライナ首相
1994年 - 1995年
次代:
イェヴヘーン・マルチューク