ヴィヤハニロシア語: Вьяхань)は、スーラ川とテルン川の合流点付近にあった、キエフ・ルーシ期の都市である。

ヴィヤハニは沿スーラ川防衛線を構築する都市の1つであり、『イパーチー年代記』ならびに『ラヴレンチー年代記』の1147年 - 1149年の項における、キエフ大公イジャスラフスーズダリ公ユーリーとの政権闘争に関する記述の中にその名が見られる。

ヴィヤハニは現存せず、Лехановское городище(Лехановское都市跡)の名で、その存在が知られている。

参考文献編集