メインメニューを開く

ヴェネツィアの一夜』(ドイツ語: Eine Nacht in Venedig)は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したオペレッタである。1883年10月9日ベルリンフリードリヒ・ヴィルヘルム劇場で初演された。

評価編集

台本が拙劣なこともあって不評だったが、次第に音楽のすばらしさが惜しまれるようになり、様々なテコ入れが行われて上演が続いている。中でもエーリヒ・コルンゴルトが大幅に改訂したバージョンは有名だが、その他にもいろいろな版が存在。本来端役で歌もほとんど無いエンリコ役にヘルマン・プライをあててソロナンバーを数曲歌わせ主役化した全曲録音も存在し、演奏や歌唱がすぐれていることもあって今なお発売されている。

構成編集