ヴェルマンドワ伯オトン

ヴェルマンドワ伯オトン979年8月29日 - 1045年5月25日)は、ヴェルマンドワ伯エルベール3世の息子であり、兄であったヴェルマンドワ伯アルベール2世からヴェルマンドワ伯の座を継承した(在位: 1015年 - 1045年)。自らの財産をノートルダム・ド・オンブリエールに寄付したことが知られている。

家族や子供編集

妻はパヴィア(家名不詳である)[1]。その間に下記の通り子供を3人設けた。

  1. ヴェルマンドワ伯エルベール4世[2]
  2. サイモン
  3. ピエール・ド・ヴェルマンドワ

脚注編集

  1. ^ Le Jan 2003, p. 259.
  2. ^ Le Jan 2003, p. 322, 535.

参考文献編集

  • Bachrach, Bernard S.; Bachrach, David S. (2018). Deeds of the Bishops of Cambrai. Routledge 
  • Le Jan, Régine (2003) (French). Famille et pouvoir dans le monde franc (VIIe-Xe siècle). Publications de la Sorbonne 
先代:
ヴェルマンドワ伯アルベール2世
ヴェルマンドワ伯
1015年 - 1045年
次代:
ヴェルマンドワ伯エルベール4世

Template:French-noble-stub