メインメニューを開く

三好 一(みよし はじめ、明治9年(1876年10月28日 - 昭和34年(1959年10月1日)は、大日本帝国陸軍軍人。陸軍中将[1]大分県士族[1]大分市長。薩摩琵琶修練会会長。従三位勲二等功三級

人物編集

大分県玖珠郡飯田村(現九重町)出身。大分県士族三好成の長男[1]大正4年(1915年家督相続[1]

大日本帝国陸軍の軍人として、第8師団長等を務める。終戦直前の昭和20年(1945年)4月に大分市長に任じられるが、終戦直後の同年10月に辞任している。

薩摩琵琶を好み、道場である薩摩琵琶修練会の会長を務めていた[2]

略歴編集

栄典編集

位階

親族編集

長女千代は、最高検察庁検事橋本乾三の妻。実業家橋本實、ジャーナリスト橋本明、外交官橋本宏は、いずれも孫(千代の子)に当たる。 戦艦陸奥爆沈時の艦長三好輝彦は、弟に当たる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『人事興信録. 第8版』(昭和3年)ミ三八
  2. ^ 『琵琶新聞』終刊号1944年6月
  3. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、84頁。NDLJP:1276156 
  4. ^ 『官報』第1431号「叙任及辞令」1931年10月5日。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。