日本 > 東京府 > 東京市 > 神田区 > 三河町

三河町(みかわちょう)は、江戸時代から昭和初期にかけてに存在した町名。町域は現在の東京都千代田区内神田1丁目と神田司町2丁目付近および神田美土代町の一部にあたる。

概要編集

町名の由来は、徳川家康が入府したさいに帯同した三河の下級武士がこの地に移り住んだことによる。江戸でもっとも古い町の一つであり、1丁目から4丁目まであった。明治時代には東京市神田区三河町となったが、1935年(昭和10年)に1丁目が鎌倉町と、2〜4丁目が神田司町と合併したことにより町名は消失した。

三河町に関連する作品編集

岡本綺堂の小説『半七捕物帳』では、主人公の半七親分は神田の三河町に居を構えているという設定である。

関連項目編集

  • スラム - 明治に入って後都市スラム化し、1921年(大正10年)に刊行された『東京市内の細民に関する調査』において約2,000人の細民人口が計上されている[1]

脚注編集

[脚注の使い方]