三田村 又右衛門(みたむら またうえもん、生没年不詳)は、安土桃山時代から江戸時代前期の武将

略歴編集

豊臣家の武将。

大坂の陣に参戦。豊臣家が滅亡すると市井に隠れ住んだ。

娘のふさ(祥雲院)仙台藩2代藩主・伊達忠宗の側室となって田村宗良伊達宗規を生んだ。

田村宗良田村氏を再興し岩沼藩初代藩主(子孫は一関藩へ)となった[1]

伊達宗規岩谷堂伊達家3代当主となった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 大島晃一『一関藩』現代書館〈シリーズ藩物語〉、2006年10月、13頁。

参考資料編集

  • 「仙台人名大事典」
  • 『藩史大事典 第1巻 北海道・東北編』藤野保・木村礎・村上直編(雄山閣、 1988年)
  • 『伊達世臣家譜』
  • 『一関藩』現代書館〈シリーズ藩物語〉大島晃一、2006年10月