メインメニューを開く

第一次上海事変期編集

沿革編集

1932年(昭和7年)1月18日に発生した第一次上海事変に際して、白川義則陸軍大将を司令官として編成。上海において十九路軍と戦闘を行ったが、昭和天皇の要請に従い戦域拡大には慎重に行動した。その結果、5月5日に停戦協定調印にこぎつけた。

また、4月29日には上海天長節爆弾事件が発生し、白川義則はこれがもととなって死亡した。

軍概要編集

司令官編集

  • 白川義則 大将:1932年2月25日 - 5月26日死去

参謀長編集

参謀副長編集

司令部構成編集

隷下部隊編集

第二次上海事変期編集

沿革編集

盧溝橋事件から飛び火し第二次上海事変が発生したため、上海の在留邦人保護のために上海派遣軍が編成された。よって当初は戦闘序列は発令されず天皇直隷であった。1937年(昭和12年)9月11日 臨参命第百一号により戦闘序列発令。

その後、参謀本部の不拡大方針を押し切り、南京方面への進撃に伴い、1937年(昭和12年)12月1日に新たに編成された中支那方面軍戦闘序列に編入、翌1938年(昭和13年)2月14日に廃止された。

軍概要編集

  • 通称号:無し
  • 編成時期:1937年(昭和12年)8月15日
  • 廃止時期:1938年(昭和13年)2月14日
  • 廃止時の上級部隊:中支那方面軍
  • 最終位置:南京

司令官編集

参謀長編集

  • 飯沼守 少将:1937年8月15日 - 1938年2月14日

参謀副長編集

  • 上村利道 大佐:1937年8月15日 - 1937年11月1日
  • 欠員:1937年11月1日 -

廃止時の隷下部隊編集

参考文献編集

  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。

関連項目編集

外部リンク編集