上田 ちか子(うえだ ちかこ、ちか女とも、生没年不詳)は、幕末祇園芸妓歌人

生まれは裕福な青楼(置屋、もしくはお茶屋を指すか)の娘であったが、自ら望んで芸妓となった。国学者長澤伴雄の深い馴染みとなり、長澤のもとで和歌を学ぶ。のちに、長澤の窮状においてはなにかと力になることもあった。

大田垣蓮月の歌友の一人であり、蓮月、桜木太夫とともに自らの身分を詠み合った歌が残っている。

蓮月
さそふ水あるにはあらで浮草の
流れて渡る身こそやすけれ

ちか女
さそふ水あらばといはぬ色ながら
下ゆく水に花の亂るゝ

さくら木
さそふ水あらばあらばと川竹の
流のこのみ浮草にして