メインメニューを開く

上釜 健宏(かみがま たけひろ、1958年1月12日 - )は日本技術者実業家TDK代表取締役社長や、同社代表取締役会長、オムロン取締役、ヤマハ発動機取締役などを歴任した。

人物・経歴編集

鹿児島県加世田市(現南さつま市)生まれ[1][2]鹿児島県立加世田高等学校を経て、1981年長崎大学工学部電気工学科卒業[1][3]後、1年留年していたので家電トップメーカーは無理だと考え[4]、東京電気化学工業(現TDK)入社。2001年記録デバイス事業本部技術戦略部長。2002年執行役員。2003年常務執行役員。2004年取締役専務執行役員[5]

2006年からTDK代表取締役社長を務め[5]M&Aにより自動車向け事業等の強化をはかり、また生産拠点の統廃合など構造改革を進めた[6][7]。2016年代表取締役会長。2017年オムロン取締役。2018年ヤマハ発動機取締役[5]。同年TDK代表取締役会長を退き、同社ミッションエグゼクティブとなった[8]

脚注編集