世界最強の男(せかいさいきょうのおとこ、World's Strongest Man、略称:WSM)は、毎年開催される世界最強の力自慢の男(ストロンゲストマン)を決める大会[1][2]

歴史編集

1977年、CBSとラングスター社が初めてこのイベントを開催。1982年にBBCが海外で初めて紹介、1987年から運営団体をTWIに譲渡。現在に至る。テレビ放送は、インターナショナル・マネジメント・グループ(IMG)では毎年12月末に、日本ではNHK BS1で翌年2月末に行われる。

優勝者編集

開催年 優勝者 開催地
1977年   ブルース・ヴィルヘルム(Bruce Wilhelm) (USA)   ロサンゼルス
1978年   ブルース・ヴィルヘルム (USA) -2-   ロサンゼルス
1979年   ドン・ラインハウト(Don Reinhoudt) (USA)   ロサンゼルス
1980年   ビル・カズマイヤー(Bill Kazmaier) (USA)   ニューアーク
1981年   ビル・カズマイヤー (USA) -2-   バレンシア
1982年   ビル・カズマイヤー (USA) -3-   バレンシア
1983年   ジェフ・ケイプス(Geoff Capes) (GBR)   クライストチャーチ
1984年   Jón Páll Sigmarsson (ISL)   ムーラ
1985年   ジェフ・ケイプス (GBR) -2-   カスカイス
1986年   Jón Páll Sigmarsson (ISL) -2-   ニース
1988年   Jón Páll Sigmarsson (ISL) -3-   ブダペスト
1989年   ジェイミー・リーブス(Jamie Reeves) (GBR)   サン・セバスティアン
1990年   Jón Páll Sigmarsson (ISL) -4-   ヨエンスー
1991年   マグナス・マグナッソン(Magnús Ver Magnússon) (ISL)   テネリフェ島
1992年   テッド・ファン・デル・パレ(Ted van der Parre) (NED)   レイキャビク
1993年   ゲイリー・テイラー(Gary Taylor) (GBR)   パリ
1994年   マグナス・マグナッソン (ISL) -2-   サンシティ
1995年   マグナス・マグナッソン (ISL) -3-   ナッソー
1996年   マグナス・マグナッソン (ISL) -4-   ポートルイス
1997年   ヨウコ・アホラ(Jouko Ahola) (FIN)   プリム
1998年   マグナス・サミュエルソン (SWE)   タンジェ
1999年   ヨウコ・アホラ (FIN) -2-   バレッタ
2000年   ヤンネ・ヴィルタネン(Janne Virtanen) (FIN)   サンシティ
2001年   スヴェン・カールセン(Svend Karlsen) (NOR)   ヴィクトリアの滝
2002年   マリウス・プッツナウスキー (POL)   クアラルンプール
2003年   マリウス・プッツナウスキー (POL) -2-   ヴィクトリアの滝
2004年   バジル・ヴィラステュク(Vasyl Virastyuk) (UKR)   ナッソー
2005年   マリウス・プッツナウスキー (POL) -3-   成都市
2006年   フィル・フィスター(Phil Pfister) (USA)   三亜市
2007年   マリウス・プッツナウスキー (POL) -4-   アナハイム
2008年   マリウス・プッツナウスキー (POL) -5-   チャールストン
2009年   ズルーネス・ザビッカス(Žydrūnas Savickas) (LTU)   バレッタ
2010年   ズルーネス・ザビッカス (LTU) -2-   サンシティ
2011年   ブライアン・ショー(Brian Shaw) (USA)   ウィンゲート
2012年   ズルーネス・ザビッカス (LTU) -3-   ロサンゼルス
2013年   ブライアン・ショー (USA) -2-   三亜市
2014年   ズルーネス・ザビッカス (LTU) -4-   ロサンゼルス
2015年   ブライアン・ショー (USA) -3-   プトラジャヤ
2016年   ブライアン・ショー (USA) -4-   カサネ
2017年   エディ・ホール(Eddie Hall) (GBR)   ハボローネ
2018年   ハフソー・ユリウス・ビョルンソン (ISL)   マニラ
2019年   マーティンス・リシス(Martins Licis) (USA)   ブレイデントン
2020年   Oleksii Novikov   ブレイデントン

脚注編集

外部リンク編集