世界無線通信主管庁会議

世界無線通信主管庁会議(せかいむせんつうしんしゅかんちょうかいぎ、英語: World Administrative Radio Conference : WARC)は、国際電気通信連合(ITU)加盟国の無線通信主管庁の代表者による会議であり、世界的な無線通信業務に関する無線通信規則(RR)の改訂を行った。本会議はスイスジュネーヴで、準備会議はパナマパナマシティで開催された。

1979年の会議では、3つの新しいアマチュア無線バンド(10MHz帯、18MHz帯、24MHz帯)の割り当てが行われ[1]、これらのバンドは「WARCバンド」と呼ばれる。

1992年に、ジュネーブでの追加全権委員会議でITUは機構改革され、WARCは廃止されて、1993年からは世界無線通信会議(WRC)に業務が受け継がれた[2]

会議一覧編集

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています
  • 準備会議(1979年、パナマ・パナマシティ)
  • WARC-79(1979年、スイス・ジュネーヴ)
  • WARC-84(1984年、スイス・ジュネーヴ)
  • WARC-92(1992年、スイス・ジュネーヴ)

脚注編集

  1. ^ The ARRL Letter Vol. 21, No. 19 May 10, 2002.”. 2019年3月11日閲覧。
  2. ^ ITU.int