メインメニューを開く
中原徳太郎

中原 徳太郎(なかはら とくたろう、明治4年7月20日[1]1871年9月4日) - 昭和2年(1927年11月17日[2])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党)、整形外科日本医科大学学長。憲政会幹事長を歴任。

経歴編集

京都出身。1900年(明治33年)、東京帝国大学医科大学を卒業後、同大学助手に任命されたが、楽山堂病院副院長に転じた。日露戦争中は陸軍篤志医員として活動した[3]1907年(明治40年)、ドイツに留学し、医学博士の学位を得た。1914年大正3年)、楽山堂病院を辞職して、中原病院を開いた。

同年、日本医学専門学校教授に就任し、1918年(大正7年)に校長になった。1926年(大正15年)に日本医学専門学校が日本医科大学に昇格すると、引き続き学長を務めた。

1923年(大正12年)、衆議院議員補欠選挙に当選[4]。翌年の第15回衆議院議員総選挙で再選された。

脚注編集

  1. ^ 故七位勲四等中原徳太郎位階追陞ノ件
  2. ^ 『官報』第271号、昭和2年11月22日
  3. ^ 『代議士詳覧』
  4. ^ 『官報』第3156号、大正12年2月9日

参考文献編集