メインメニューを開く

中原 由貴(なかはら ゆうき、1月25日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組の男役。宝塚歌劇団時代の芸名は煌月 爽矢(あきづき・さや)[1]

東京都世田谷区[1]玉川聖学院高等学校出身[1]。身長169cm[1]。血液型B型[2]。愛称は「ゆうき」[1]

来歴編集

2004年4月、宝塚音楽学校入学。

2006年3月、宝塚歌劇団に92期生として入団[3]。入団時の成績は8番[4]宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で煌月爽矢として初舞台[1][3]。その後、月組に配属[4][3]

2011年、「バラの国の王子」で新人公演初主演[3]

2013年、「ベルサイユのばら」で2度目の新人公演主演[5]オスカルを演じ、新人公演を卒業[5][6]

2016年2月14日、「舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

退団後は本名の中原由貴名義で芸能活動を開始。

人物編集

芸名の由来は“煌”という漢字が大好きなので、それに似合う綺麗な漢字を選び、両親と考えた[2]

月組公演「WEST SIDE STORY」を母に勧められて観劇し、男役の格好良さに憧れ、絶対男役になると音楽学校受験を決意[3]。宝塚に入ると決めた途端、それまで嫌々通っていたバレエのレッスンさえ好きになってしまった[3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

  • 2006年3〜5月、宙組『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』(宝塚大劇場のみ)

月組時代編集

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

  • JKニンジャガールズ(2017年2月)
  • 海街diary 初演 (2017年3月)
  • アメージング八犬伝(2017年4月~2018年3月)

ラジオ編集

  • FMSalus「中原由貴のなでしこラジオ」(2017年12月~)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2015年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、55頁。ISBN 978-4-908135-33-0
  2. ^ a b 『RISING STAR GUIDE 2013』阪急コミュニケーションズ,2013年,34~35ページ
  3. ^ a b c d e f g 初の女役はダンスで表現する『ロミオとジュリエット』の「愛」ウィズたからづか
  4. ^ a b 『宝塚歌劇100周年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ,2014年4月,118ページ,全生徒紹介 第92期生
  5. ^ a b c オスカル役の煌月「頭の中真っ白」デイリースポーツ
  6. ^ 宝塚友の会 会員様限定特別イベント 新人公演ステージトーク#97『ベルサイユのばら』-オスカルとアンドレ編-「煌月爽矢・鳳月杏」タカラヅカ・スカイ・ステージ

外部リンク編集